歯列矯正

ホーム > 歯列矯正

歯列矯正(表側矯正)

歯列矯正は歯並びを正し、美しく見せることができます。歯並びが綺麗になると心理的にも良い方向に向かいます。歯並びが悪いと見た目が良くないだけでなく歯を衛生的に保つことも難しくなるため虫歯や歯周病になるリスクが高まります。矯正を行うことで食べ物を噛みきったりすり潰したりする歯の機能を回復させることができます。正しい発音を得ることも可能です。

矯正の治療方法と期間

治療方法

  • (1)「ブラケット」という装置を歯に取り付け、ワイヤーを通し少しずつ歯を動かしていきます。
  • (2) 装置を付けた後は歯の移動に合わせて定期的に装置の形状を調整していきます。
  • (3) 歯が正しい位置に移動したらブラケットとワイヤーを外します。
  • (4) 歯の位置を安定させ、元の位置に戻るのを防ぐために保定装置をつけます。保定装置は装着する時間を徐々に短くしていき外していきます。

治療期間

期間は年齢や歯並びの状態などにより、人それぞれ異なります。また抜歯を行う場合は期間も長くなります。

矯正前

矯正中

矯正後

プチ矯正(マウスピース矯正)

プチ矯正とは前歯だけの矯正です。奥歯は全くいじらないので、噛み合せが変わりません。なので短期間での治療ができます。これまでの歯列矯正はワイヤーとブラケットといわれる留め金で治療するのが一般的でしたが、プチ矯正ではあなたのシュミレーション模型から透明な薄いマウスピースを数個作成して、あとは段階的に装着するだけです。
※歯列の凸凹が著しい場合など、全体的な矯正治療が必要となる場合がございます。

メリット

  • 前歯の歯並びだけを治します
  • 透明な薄いマウスピース使用で目立ちにくい
  • 6~8か月ほどの短期間で終了します(通常は1~3年ほどかかります)
  • 歯を抜きません
  • ホワイトニングが同時にできます
  • 取り外しができます
  • 違和感が少ない
  • 費用が安い(全体的な矯正に比べて費用が安い)

デメリット

  • あなたの協力が必要です
  • 食事や歯磨きの時以外睡眠中を含めて1日17時間以上の装着が必要です

舌側矯正(裏側からの見えない矯正)

舌側矯正は、矯正装置を歯の裏側につけ全く人目に触れないように治療する方法です これまでは矯正装置が目立つことで、女性や社会の一線で働いている方などから矯正を敬遠させる一因になっていましたが、舌側矯正なら装置をしていることが外から分からないこともあり、患者さんの心理的ストレスを軽減させています。

歯列矯正治療の治療期間は症状や年齢によって違います。 永久歯列で、上下のアゴのバランスに大きな問題がない場合1年~2年の期間が必要となります。その後1年ほど、後戻りしないよう保定する期間も必要です。

子供の矯正治療の場合、永久歯全部がきれいにならび、アゴの成長発育が落ち着いてはじめて終了となります。必ずしもずっと装置が必要なわけではありませんが、大人の場合より期間が長くなります。

インビザライン システム
(マウスピース矯正)

インビザライン(Invisalign)は、世界中で800万人以上の治療実績がある信頼度の高いマウスピース矯正(アライナー矯正)です。
オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型装置のため、装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。
従来のワイヤー矯正(表側矯正)のように「人前で笑うのが恥ずかしい」「ご飯を食べるときの口元が気になる」といった、マイナスな見た目を気にする必要がないため、いつも笑顔を見せることができます。

目立たない透明の器具を用いた最新矯正技術
マウスピース矯正

「矯正は高いから…」と諦めていたアナタに!
もっと気軽に気付かれない矯正

こんなお悩みはありませんか?

 歯並びは気になるけど矯正治療って高い…

 見た目で矯正してるって分かるのがイヤ!

 矯正って何年もかかるって聞いたけど?

 目立つ前歯の部分だけ歯並びを直したい!

 治療後の歯並びを事前に見てから決めたいんだけど?

心当たりのある方、チェックに当てはまるお悩みの方…
マウスピース矯正で解決できます!

1近くでも気づかないほど目立たない

だから、矯正治療中であることを⼈にばれず、恥ずかしくない!
患者さまの歯並びのお悩みや治療に関する疑問を歯科医師がヒアリングします。そして、歯科医師からマウスピース矯正の治療内容や メリット・デメリット、費⽤などの説明を受けます。 ポイントは、疑問や不安があれば、どんな⼩さなことでも質問すること! 治療前の不安が解消されないまま治療が進むと、後々トラブルにつながることもあります。

2治療中の痛みがほとんどない

頬の内側や唇や舌を傷つけないので安⼼して装着できる!
矯正を⾏う際、歯にくっ付ける装置、ブラケットを使⽤しないため、頬の内側や唇、⾆などを傷つけることがありません。 新しいマウスピースを装着時、最初は締めつけられる感覚がありますが、数時間後にはそれがなくなります。

3マウスピース型なので取り外しがいつでもでも可能

⾷事も歯磨きも邪魔にならない!
マウスピースは取り外しがいつでもできます。歯磨きの時に歯をしっかりと隅々まで磨くことができます。 従来の矯正治療法ではどうしても磨きにくい部分がありました。しかし、インビザラインでは常に清潔に保つことができます。 普段の⽣活の中でも何も気にすることなく、歯並びをきれいにすることができるのです。

4食事が快適にできる

従来と同じく⾷事を楽しめる!
お⾷事の時にはマウスピースを外すため、従来の矯正治療のように⾷べ物が装置に絡むことなく、治療前同様の⾷事ができます。

5金属アレルギーでも安心

だから、⾷事も歯磨きも邪魔にならない!
インビザラインは、すべて薄いプラスチック製。⾦属アレルギーがある⽅でも、安⼼して装着することができます。

6世界中で行われている治療方法

世界中の⼈が使っているので安⼼できる!
アメリカやヨーロッパでは約20年以上も前からマウスピース矯正は開始されています。 ⽇本とは歯列矯正に対する考え⽅が異なるため国⺠の関⼼度も⾼いといわれています。 マウスピース矯正を使⽤して治療を⾏った⼈は世界で800万⼈(2020年1⽉現在)に上っています。
出典:Align Technology,Inc. 調査

7従来の治療法に比べ、しゃべりやすい

⼝元を気にせずおしゃべりができる!
厚さ約0.5mmのインビザラインは、裏側矯正のような厚みや、デコボコした部分がないため、しゃべりづらさや発⾳障害がほとんどありません。

8矯正後の歯の位置をシュミレーションできる

だから、矯正期間のイメージができて、安⼼して矯正できる!
クリンチェックと呼ばれるソフトウェアで、3次元シュミレーションを⾏って、治療計画を立案します。 治療期間中に歯がどのように動くかあらかじめイメージできます。

9通院回数を少なくすることも可能

だから受験⽣や仕事が忙しい⼈でも⼤丈夫!
インビザラインは、⾃宅でマウスピースを交換を2週間に1回⾏います。ですので、1カ~3カ⽉間隔での通院も可能です。 通院回数の少ない矯正治療をご希望の⽅におすすめです。 ※なお、インビザラインは、1⽇20時間⼊れなければいけないため、⼊れている時間が20時間より短い⽅は予定の通り治療が進みません。

© Copyright © yamane-dental
All Rights Reserved.